カメラのヤフオク出品代行なら無料対応豊富なオークション代行

二眼レフカメラの草分けリコーフレックスの歴史

二眼レフカメラの草分けリコーフレックスの歴史

 リコーフレックスは、1950年代に国内の二眼レフブームを牽引した理研光学工業(リコー)の二眼レフです。リコーフレックスシリーズは低価格路線で大人気となり、品不足からプレミアが付いた話は有名です。
また、「二眼レフ」というカメラを、広く世に認知させることに貢献しました。

リコーは戦前から二眼レフを作っていましたが、戦後1950年にシンプルなリコーフレックスIII型を発売しました。まだ市場にカメラが少なくローライフレックなど庶民には高値の華の時代、5,800円というこの価格は大変魅力的なものだったようです。故障が少なく、使いやすくてよく写ると評判のこのカメラは撮影レンズとビューレンズをギアで結合したシンプルな構造がコスト面で優れたカメラを誕生させたのでしょう。

リコーフレックスIII型は戦後一大二眼レフブームを作った

戦前すでにフォクトレンダーのブリリアント・レフがこのギヤ結合方式を採用しています。リコーフレックスIII型は戦後一大二眼レフブームを作った、そのきっかけとなったカメラとしても知られています。

その後リコーフレックスは改良を重ねて1956年にニューダイヤが登場しました。安いリコーフレックスというイメージを一新した高級機です。この頃のミノルタ・オートコードの27,000円と比較すればリコーフレックスは高級機でもなお魅力的な値段だったと言えます。上下のレンズまわりに一体型のレンズカバーが付き、絞りとシャッターの数値は上から見ることができるローライ方式になりました。

 ルックスはローライフレックス35Cに似ていますが、このカメラはピント合わせを左右のレバーを上下させて行い、底部におおきな距離目盛りが付いているのでよく見ればその違いがわかります。ローライフレックスは左手でノブを回してピンと合わせを行う。二眼レフは完成に近づくとルックスがどうしてもローライに似てくるのは仕方のないことでしょう。
このリコーフレックスは現在でもコレクターには高値で取引されているので、ジャンクであっても価値はある様です。

ジャンクであっても価値はあるアンティークカメラ

ジャンクであっても価値はあるアンティークカメラ

カメラを換金する方法として買取店へやカメラ店への売却の他、ヤフオクなどにオークション出品してできるだけ高額落札価格を目指すという方法もあります。

個人でヤフオク出品するのは手間もかかり、落札者とのやり取りや商品発送でのトラブルなど、意外とリスクが高いものです。実績のあるオークション代行業者に依頼するとトラブル避けて簡単に現金化できます。

カメラのヤフオク出品ならオークション代行業者【まるオク】にお任せください。デジタルコンパクトカメラから一眼レフ、アンティークカメラなど、人気のあるカメラは高額落札されます。些細な疑問点など、お気軽にまる【まるオク】お問い合わせください。

カメラをヤフオク出品するならオークション代行の【まるオク】へ

商号 まるオク
本社 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16
徳竹パーキングビルディング 1F
TEL 0800-600-1007
HP http://impeachpac.org
mail お問合せフォーム
ヤフー公認ストア まるオク ヤフー店

コンテンツリンク1

オークション代行-落札実績一覧

オークション代行-4つのメリット

オークション代行-選べる出品方法

オークション代行-プライバシーポリシー オークション代行-利用規約