中国切手 赤猿がオークションで高額になる理由

中国切手 赤猿が高額になる理由

 一般的な切手の需要はインターネットの影響を受け下降の一途をたどっていると思いますが、オークションでは、価値のある切手はやはり高額にて落札される、その傾向には変わりありません。日本のプレミアム切手はもちろん高額になりますが、中国の切手も大変人気が高く、オークションにて高額落札が期待できます。

 中国切手のなかでも高額になる切手の代表的なものに「赤猿」(T46)があります。この中国切手「赤猿」がなぜ高額落札になるのかをご紹介します。

中国切手 赤猿 切手とは

 別名、子ザルとも呼ばれている有名な中国切手です。この切手は1980年に発行され、当初から高値が付きました。この赤猿、実は中国にて初の年賀切手として発売されので干支であった猿がデザインとなりました。その上、発行枚数が少なかったため、希少価値が上昇しました。

 切手はシート売りがされているのが一般的ですが、この赤猿の場合の1シートは80枚1セットとなります。きれいに1シート揃ったものは800万円以上で取引されることがあるそうです。

中国切手 赤猿 の人気の理由

 どうして赤猿の希少価値が上昇するほど人気があるのか?それはその美しさにも理由があるようです。赤猿切手にはデザインの一部として、なんと金粉がまぶされており、猿の毛並も繊細に描かれています。この金を含んだ切手は郵送中にも盗まれたという噂が出回り、おかげで流通が減ったという背景もあるそうです。

 その他の人気背景としては、それまでの中国切手は建物や人物などのデザインが多く、動物がデザインされたものは珍しかったようです。その上、十二支の発祥地でもある中国にて、始めて発行された年賀切手は世界中で人気を博しました。

中国切手 赤猿 中でももっとも高額になる切手とは

 猿の顔が金色のものが最も価値があるそうです。これは保存状態がとても良好だったことを意味するそうです。

中国切手 赤猿 そのほかの人気理由

 本国中国では、こちらの赤猿、金銭的価値のみならず縁起物としても人気があるそうです。所持しなくとも、見るだけでもご利益があるという噂もあるそうです。

 これらの理由から、切手という小さな印刷物ではありますが、思わむ高価なお品物として市場で取引されています。今回紹介した赤猿切手のほかにも、中国切手のなかにはたいへん希少価値のある種類が複数あります。

 もし切手・中国切手をできるだけ高く売りたいのであれば、オークション出品をおすすめします。【まるオク】では、中国切手のオークション出品代行もいたします。オークション出品により更に高額売却を目指しましょう【まるオク】のオークション代行をどうぞお気軽にご利用下さい。

オークション代行-落札実績一覧

オークション代行-4つのメリット

オークション代行-選べる出品方法

オークション代行-プライバシーポリシー オークション代行-利用規約