自分でオークションに出品する難しさ

オークションで出品することに慣れている方は、オークション代行業者に出品代行を依頼しない方は多くいるでしょう。自身で出品するメリットはやはり業者への出品代行の手数料の支払いがないという点です。
しかし、ご自身でオークション出品を行う場合、やはりデメリットや懸念点も存在します。
こちらでは、オークション出品の際のそういった点をご紹介します。

個人情報の開示

オークションに出品をする際には、ほとんどの場合、個人情報の開示が必要となります。
しかし、個人情報をインターネットで開示したくない、開示することに不安を覚える、という方が多くこの点はオークションに参加する大きな懸念点と言ってもいいでしょう。

出品作業

同じアイテムを複数、出品する場合はそれほど手間がないことが多いのですが、出品するアイテムが複数あり、それぞれが異なったアイテムの場合、出品作業が非常に大変な場合が多くあります。
出品したアイテムのそれぞれの説明文や異なる画像の準備、掲載など手間が掛かるという傾向があります。

問い合わせ対応

オークションへ出品した場合、入札者から出品アイテムに関する問い合わせ対応が発生します。
アイテムの現状や不明点に関する回答は思いのほか時間が必要となります。また、重要のあるアイテムであれば問い合わせ件数も多くなる傾向があります。また、対応が不十分な場合、落札後にクレームやトラブルに発展することもあるため、非常に重要なポイントとなります。

このように、ご自身でのオークション出品にもデメリットや懸念点が存在しています。
もし、そのような点が気になっているのであれば、当社のようなオークション代行業者にご依頼いただければと思います。これからヤフオクなどでブランド品から不用品まで、出品を考えている方がいらっしゃいましたら是非、オークション代行業者のご活用もご検討してみてください。

オークション代行-落札実績一覧

オークション代行-4つのメリット

オークション代行-選べる出品方法

オークション代行-プライバシーポリシー オークション代行-利用規約