意外な高額落札が期待できる中国切手

中国切手は発行されたときの歴史的背景が切手の価値に反映する

中国切手は発行されたときの歴史的背景が切手の価値に反映する

 数年前は切手を収取していても、今はしまい込んでいるだけの切手をお持ちではないですか?今回、意外と高額落札が期待できる中国切手についてご紹介します。

 中国切手は種類や年代による発行枚数の少なさだけでなく、そのときの歴史的背景が切手の価値に反映し大変貴重な切手があります。 年々、中国の経済発展は著しく、高騰傾向にあるものがたくさんありますが、中でも投機の対象として人気の高いのが中国切手です。オークションでも高額取引をされているものが多数あることでしょう。

 上記したように、全ての中国切手の価値が高騰しているわけではなく、残存数が極めて少ない切手や、そのときの歴史などから特殊な背景をもった切手が顕著に高値となっています。 中国切手のブームは中国国内でとても広まっています。 また、日本でも数年前から中国切手の人気は高く、収集家も多く、実は、日本国内に高価な中国切手が眠っていると言われています。現在も中国富裕層の間では投資・収集の目的で中国切手を買い求めるため、高値のつく中国切手を日本へ探しに来ているようです。

特に人気の高い「文革切手」

 中国切手のなかでも特に人気の高い「文革切手」と呼ばれるものは文化大革命最中に発行された切手で、当時、1967年10月~の中国では切手収集が禁止となり、海外へ切手を輸出することも許されませんでした。また、海外へ発送する郵便も少なかったことから、現存数は極わずかとされています。そのためにこの中国切手は希少価値がとても高いのです。 歴史上、状態が良好なまま保管されているものは少なく、美品の場合は非常に高値が付きます。

小型シート切手で一番有名な中国切手は

 1968年発行の「全国の山河は赤一色」は切手愛好家以外にも広く知られるプレミアム切手です。 別名「中国全土は赤い」とも呼ばれて、この中国切手のデザインは赤一色の中国地図と毛沢東語録を頭上に掲げる労働者たちが描かれています。発売直後は台湾が着彩されていなかったことで、全て回収されたそうです。 そのため市場に出回った枚数はわずかで、現在大変貴重な中国切手となっています。この小型シート状の切手は通常の切手と比べて発行枚数が少ないため、更に価格が高騰しているようです。

 また、小型シート切手で一番有名な中国切手は1962年9月15日発行の「梅蘭芳舞台芸術小型シート」というもので、この切手には滅多にお目にかかれないと言われているたいへん貴重なプレミアム切手です。この切手が美品である場合、小型シートの中で最も買取価格が高く付くとされています。

もし、押し入れの奥などに眠っている中国切手、ご不用な中国切手をお持ちでしたら、是非【まるオク】オークション代行にてヤフオク出品してみて下さい。驚くような落札価格が期待できるかもしれません。

切手・中国切手をヤフオク出品するならオークション代行の【まるオク】へ

商号 まるオク
本社 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16
徳竹パーキングビルディング 1F
TEL 0800-600-1007
HP http://impeachpac.org
mail お問合せフォーム
ヤフー公認ストア まるオク ヤフー店

オークション代行-落札実績一覧

オークション代行-4つのメリット

オークション代行-選べる出品方法

オークション代行-プライバシーポリシー オークション代行-利用規約